TEL:㈱足柄グリーンサービス 野外教育事業部直通:0465-72-0230
PAA21公式HP:http://www.paa21.co.jp

HOME > 階層別研修 > 言われたことしかやらないよなぁ…

「言われたことしか、やらないよなぁ・・・」

「指示待ち社員が多い」

ルーティンワークは職場の中でもピカイチ。与えられた仕事もテキパキとこなすことができる。しかし「自分から何か仕事を持ってこよう」という意思や、「仲間の仕事を手伝おう」という気持ちは感じられない。もっと周りに目を向けたら、いいリーダーになれるのに・・・。


その結果は、誰のせいか?

社員が指示待ちでは、今後の発展は望めません。
指示待ち社員の典型的なケースとして以下の3点が挙げられます。

1.意識転換ができていない
2.周囲の結果を他人事として捉えている
3.職場全体の目標にコミットできていない

1.意識転換ができていない

新人の頃と意識が変わらないケース。特に中堅社員は、新人社員以上に「職場全体を俯瞰する力」「先を見て行動を起こす力」が求められます。しかし中にはその意識がなく、人の上に立っても相変わらず自分の仕事のみに向いてしまう方もいるようです。

2.周囲の結果を他人事として捉えている

仲間の行動結果について当事者意識が持てないケース。自分の結果に対しては責任を持つものの、仲間の結果に対しては「また未達成か。だから○○はダメなんだ」と、自分と仲間に線引きをしてしまいます。

3.職場全体の目標にコミットできていない

職場の目標に合意していないケース。どちらかといえば「上の人は、またできない目標ばかり掲げちゃって…」と、否定的な気持ちを抱きつつも、言葉に表さないことが多いようです。「なぜこの目標を達成しなければならないのか?」に対し、自分の言葉で伝えられる人・職場で議論しあったことがない人は、多くはありません。



上記ケースに対し、対策として以下の策が考えられます。

1.何もしない
2.朝礼で「仲間を認め合おう」等、行動指針となるような内容を伝える
3.職場全体で数日間缶詰になり、目標を共有する
4.チームづくりを図り、目標の擦り合わせを徹底的に行う過程で、仲間との信頼関係を深める

もし、4つ目を考えに共感していただければ、私たちはメンバーシップ研修(他責を自責に転換し、やる!人財に)をご提案します。
職場の中で決められたことや起こっていることに対して他人事でいる限り、結果の出せるチームにはなれません。そのため、この研修では、自分の行動がチームの課題達成に常に影響する事を体感するような工夫が至る所に施されています。


<メンバーシップ研修>


お問い合わせ:
0465-72-0230
㈱足柄グリーンサービス野外教育事業部

◇問い合わせ
㈱足柄グリーンサービス
野外教育事業部
0465-72-0230


◇研修ラインナップ
【内定者・新人社員研修】
内定者・インターン研修
新入社員研修
ゆとり世代の再教育プログラム

【中堅社員研修】
チームビルディング研修
リーダーシップ研修
メンバーシップ研修


ブレイクスルー研修

【職場全体】
メンタルビルディング研修
ディバーシティ研修
コミュニケーション研修

◇何故アナログなのか
リスクテイク
何故アナログなのか
チームビルディング
メンタルビルディング
リーダーシップ
・コミュニケーション(近日公開)
失敗から学ぶ
ブレイクスルー
リスク管理