TEL:㈱足柄グリーンサービス 野外教育事業部直通:0465-72-0230
PAA21公式HP:http://www.paa21.co.jp

HOME > 階層別研修 > 相変わらず上の頭は固いよなぁ…

「相変わらず上の頭は固いよなぁ・・・」

「部長たちの思考をアップデートしてもらいたい!」

部長からホームページ作成の仕事が降ってきた。「今の時代、見た目の良い自社ホームページを持っていなければ取引先から信頼されない。とにかくデザイン性よく作成するべきだ!」…10年前はこれで通用したのかもしれない。しかし、今の時代はどこの会社も自社ホームページを持っているし、大企業に限ってはスタイリッシュなホームページが揃っている。つまり、“デザイン性ある自社ホームページ≠信頼UP”ということだが…、部長はそのことを理解しているのだろうか。



過去の栄光

時代は、刻々と変化しています。しかしそれが組織の上層部にいくと、必ずしも体現されているわけではないようです。そのことで起こる弊害を以下のようにまとめてみました。

1.新しい発想が生まれない
2.変化を恐れ、保身する
3.乗り遅れ、競合に負ける


1.新しい発想が生まれない

「○○はこうあるべきだ」という発想は、新しい発想を生み出しません。また経験則に依存しすぎると、自分の考え以外のものを受け入れられなくなります。

2.変化を恐れ、保身する

変化を受け入れるということは恐いことです。それは、過去の自分の価値観が「古い」と否定されたような錯覚を起こしてしまうからです。その結果、現状を守ろうと保身に走ってしまい、組織の成長を止める阻害要因となってしまいます。

3.乗り遅れ、競合に負ける

「過去の実績はこういう結果だったから、今回もきっとこうなるだろう」という安易な予想を立ててしまいがちです。その結果、競合他社に先手を打たれてしまいます。




部長は、今まで会社を引っ張ってきた大先輩…果たして思考を変えることができるのでしょうか。対策として以下が考えられます。


1.定年退職されるまで、待つ
2.「今の組織はおかしい」と真っ向からぶつかる
3.若手が会社を辞める
4.今まで培ってきた価値観が通用しない研修を取り入れる

もし4番目考えに共感していただければ、私たちはリーダーシップ再生プログラム(固着したパラダイムをぶち壊し、新たなリーダー力を育む)をご提案します。年齢関係なく人が成長する一番の機会は、「今までの価値観では対応できなくなった時」。その機会をABTB研修ならではのセッティングで提供します。


<リーダーシップ再生プログラム>


お問い合わせ:
0465-72-0230
㈱足柄グリーンサービス野外教育事業部

◇問い合わせ
㈱足柄グリーンサービス
野外教育事業部
0465-72-0230


◇研修ラインナップ
【内定者・新人社員研修】
内定者・インターン研修
新入社員研修
ゆとり世代の再教育プログラム

【中堅社員研修】
チームビルディング研修
リーダーシップ研修
メンバーシップ研修


ブレイクスルー研修

【職場全体】
メンタルビルディング研修
ディバーシティ研修
コミュニケーション研修

◇何故アナログなのか
リスクテイク
何故アナログなのか
チームビルディング
メンタルビルディング
リーダーシップ
・コミュニケーション(近日公開)
失敗から学ぶ
ブレイクスルー
リスク管理