「一緒に遊ぼ!」から始まる、物語
のびのび楽しむ 生徒たち
本気で向き合う 大人たち

株式会社足柄グリーンサービス

"Project Ashigara Adventure21"(PAA21)


Adventure(険) × Experience(体
=  Education(
冒験

「教えず、待つ」

「信じて、向き合う」

PAA21ファシリテーターは、インストラクターとは違う。

「どうすればもっと良くなる?」 教えることは極力しない。

参加者の自主性を尊重してひたすら促し、待つ。

 

PAA21ファシリテーターは、"人"をあきらめない。

「今どんな気持ち?」「みんなどのくらい本気?」

可能性を信じて、一人の人間として、向き合っていく。

共に、成長していく

 

「あの時いた友達も、高校に進学して元気にしてるよ!」

 

目の前にいる参加者は、3年前のあの時の中学生。

 

「どんな3年間だった?」

 

そんな話を出来る日が、くるとは。

 

 

 

変化の瞬間(とき)
時に現れる、学校では表に出てこなかった対立・葛藤・根本的な問題。

「あの子のことあまり好きじゃなかったけど、話してみたら、考えていることは一緒だってわかった」

乗り越えたときの生徒の表情は、なんだか清々しい。 

またやってしまった...」

 

 

デビューしたての頃はプログラムが終わる度に、

 

反省の連続。

 

でもそのぶん、

  • プログラム終了時

    プログラム終了時

「よかったと私は思うよ!」

 

「それ、わかるわー!」

 

「いつまでも悩まない!」

 

仲間の温かさが身に沁みて、

余計にうるうるきてしまったり。

あなたを必要としている生徒がいます。

「専門的な勉強は全くしていないし...」

「プレゼン力がないから人前に立つと緊張して...」

いつから社会は「人より秀でていないと人前に出る資格がない」という風潮になってしまったのだろう。

 

『青少年の育成に携わりたい』

『少しでも次世代を生きる子供たちに、幸せになってほしい』

そんな気持ちが根底にあれば、僕らはその気持ちを受け入れたい。

 

数ヵ月後、あなたのおかげで学校生活が楽しくなる生徒が現れるのも、

そんなに遠い未来ではないのかもしれない。

 

 

 
あなたを心待ちにしている仲間がいます。

学生・擁護の先生・研修の講師・キャンパー・アウトドアスポーツのインストラクター・会社の経営者...

PAA21に集うファシリテーターのバックグラウンドは様々。

年齢も20代~60代と、ばらばら。

それでも、一緒に仕事をしてもらえている。

 

ここにくる目的は人それぞれだけれど、

共通しているのは、

「"人"が好き」「"子供たち”が好き」そして「そこに集う仲間たちが好き!」

きっと喜んで迎え入れてくれるよ、あなたのこと。

 

  2013年12月、本格始動。

 

「もっとPAA21プログラムのファシリテーター仲間が増えたらいいな」

そんな想いが”PAA21ファシリテーター招待プロジェクト”の原点。

まずは自ら参加者となって体験するところから、

一緒に楽しんでいきませんか?

「心に一番近い場所」
そんな心の拠り所になれるよう努力して気がつけば15年。
今までも、今も、これからも、
私たち株式会社足柄グリーンサービスPAA21は、
かけがえのないプログラムを提供し続けていきます。

 

Copyright (c) PAA21. All Rights Reserved.

株式会社足柄グリーンサービス 野外教育事業グループ  TEL:0465-72-0230